Naoko KAIHOU

かなりあ Vol.9



 

   待望の新曲は6/10発売 『夏のヒロイン』  夏にむけて、待ちに待った新曲が発売される。タイトルはズバリ「夏のヒロイン」! 今風なアレンジと、明るくさわやかな曲で、発売前から話題集中だ!   覚えやすいメロディーが魅力! 大人っぽくしっとり唄った「愛をください」からガラリとイメージが変わり、 アップテンポののりのりリズムが新曲の「夏のヒロイン」だ。 はちきれんばかりの奈保子の笑顔がとっても似合う、まさに夏そのものって感じの歌。 メロディーもとっても覚えやすくて、奈保子と一緒にゴキゲンに唄えちゃうよ! 元気いっぱいの奈保子にぴったりで、ファンとしてもウキウキしちゃうね!   この夏は「夏のヒロイン」で奈保子は歌謡界のヒロインになる! 6月に入ってから、いろんなシンガーたちが「夏」をテーマにした歌で勝負している。 本格的な夏はまだちょっぴり先だけど、歌謡界はもう真夏!という感じ。 そんな中で、われらの奈保子も「夏のヒロイン」でがんばっているわけだけど、 他のシンガーたちに絶対負けないように、われわれファンがプッシュしなければいけないのだ! 奈保子の明るさと可愛いさ、そしてもちろん歌のうまさで、他の人たちよりも抜きんでているけど、 ここで一致団結したファンが立ち上がればもう怖いものはナシ! 前回の「愛をください」以上に大ヒットするように、リクエストでがんばろうね! そして奈保子を歌謡界のヒロインにするのだ!       奈保子からあなたへ   みなさんと一緒に唄いたいな 「夏のヒロイン」は、コルセットが完全にはずれてからの初めてのシングルだから、 奈保子自身もがんばって唄っています。 「ラブレター」から「愛をください」でイメージがガラッと変わり、 また「愛をください」からガラッと変わった「夏のヒロイン」。 TVなどでもう唄っていますけど、ファンのみなさんは気に入っていただけましたか? 思いっきり夏っぽい歌だから、.元気いっぱい明るく唄っていきたいと思います。 みなさんと一緒に唄えたら嬉しいです!リズムのある曲だから、振りもけっこう難しくて、 慣れるまでたいへんだけど、一生懸命がんばりますので応援よろしくお願いしますね!        「愛をください」ヒット記念フアンの集い   たくさんのファンに囲まれて奈保子とっても幸せな一日! 天皇誕生日である4月29日、「夏をください」のビツト記念として、 ファンの集いが日比谷野音で開催された。この日参加できなかったファンのきみのために、 ここにその一部始終を紹介しよう。   曇り空もファンの熱気でぶっとばせー! 4月29日は朝から泣き出しそうな曇天。自分たちは濡れてもいいけど、 愛する奈保子を雨でびしょびしょにしたくないというファンのみんなが、 開演前から不安気に空を見上げている。そしてそんなみんなの熱い気持ちが天に通じたのか、 一滴の雨も降らずにファンの集いが堂々と始まったのであります。 コンサートのように、マキシムの「ディスコ・ナオコ」でオープニング。 奈保子はいつもの衣裳ではなく、Tシャツにショートパンツという私服で登場だ。 健康的な脚を出して、顔は笑顔でいっぱい。もう会場は大コーフン! 司会を担当してくださる池田まさるさんも、ファンの熱気にやや押され気味。 でもひさしぶりのファンの集いだもん、みんなが興奮するのも当然だよね。   豪華プレゼントに会場は熱狂! この日はとにかくファンにとっては思わず熱狂せずにいられないコーナーがたっくさん。 そのひとつに、奈保子の衣裳プレゼント。今までステージで着た物や、 思い出深いTV用衣裳などをすべてファンにあげちゃ おうというわけ。開場のときにファン一人一人に渡された整理番号と、 奈保子が引く番号が見事一致すればプレゼントされる。これは絶対ファンなら欲しいものだね。 奈保子が番号を読み上げるたびに会場は大熱狂。 運のいい当たったファンに池田さんが「きみ、まさかこれを着て外へ出るんじゃないだろうね−」 なんて皮肉も言ってたぞ。奈保子が喜こんだのは、やっぱり女の子に当たったとき。 「女の子だったら着れるものね!少しブカブカかもしれないけど、着てくださいね!」 奈保子のこんな言葉に、ファンの女の子も「ハイッ!」なんて、奈保子流に答えていた。   奈保子とのデュエットが一枚のレコードに! 次の熱狂コーナーは、その場でなんと奈保子と一緒に唄い、 それをレコードにしてプレゼントしちゃうというもの。 「私のデビュー曲、『大きな森の小さなお家』を一緒に唄ってくれる人、手を上げてくださーい!」 と奈保子が言えば、「うおーい!」と会場全員が手を上げる。 だって奈保子とのデュエットが記念すべき一枚のレコードになるなんて、 そうめったにあることじゃないもんねー。手を上げる人が多すぎて、奈保子一人じゃ決められず、 司会の池田さんに選んでもらった人たちは4人。それまで声をはり上げて応援していた彼らだけど、 奈保子と隣りに並ぶともうものすごい上がり方をしてくれて、 思わず会場のお客さんが大笑いしてしまうほど。歌の方はといえば、やはり上がっちゃって、 とんでもない音を出してる人ばかり。 でも奈保子のリードでなかなかいい声を聞かせてくれた人もいたよ。 ファンの人をすごく身近に感じることができたファンの集いに、 奈保子もとっても嬉しそうだった一日。 こういう催しものは、これからも各地でどんどんやってほしいもんだね!