Naoko Marriage

おめでとうございます


奈保子さんがヘアメークアーティストの金原宜保さんと結婚する事になりました。 挙式・披露宴はせずに今月中(2月)に入籍の予定です。 1996.2.1 16時30分に東京・赤坂のTBSで二人で結婚の記者会見を行いました。
1996.2.6 川崎市役所に婚姻届を提出

二人の出会いは昨年(1995)の10月29日に東京目黒区内のスタジオでの 日立信販のCM撮影で金原さんがヘアメークを担当したのが運命の光です。

この後、電話による交際を続けて、今年(1996)の1月3日に、大阪の彼の家で 互いの両親と共に会食をして、親への紹介をする。現在同居中です。

幸せいっぱいの記者会見で、奈保子さんは終始ニコニコで、金原さんは固くなっていました


記者会見の様子

記者---出会ったのはいつ
ナオ---実を言いますと、知り合ってから、まだほんとに間もなくて、昨年の秋です。     まだ4カ月弱。
記者---第一印象は
ナオ---とにかく、もう何がって言うことよりも、私は、何か、とっても運命的な瞬間を     すごく感じましたし、正直言うと、ほんとにあったその日に私はこの方だなって     いうふうに・・はい。思いました。
記者---初めてお会いになったときから、この人と結婚するって言うなにかインスピレー     ションみたいなものはありましたか。
ナオ---結婚って言いますか、何か、お会いした瞬間に、やっぱり、今までにない・・     光、っていうか・・キラッと、
記者---どういうところにひかれましたか
タカ---純粋で、優しい、ほんとに、その通りだなと、一般的にも、なかなか少ない方     じゃないかなと。すてきだなあ〜と思いました。回りにいろいろ気を使われるの     で私には気を使わなくて良いんですよ、と言いました。
ナオ---私は、運命的な瞬間をすごく感じましたし、金原さん、人を思いやる心、家族に     対してもほんとに深い愛情を持っていらしゃって。ちょうど私も髪型をどうしよ     うか、なんていろいろ試行錯誤しているときに、金原さんに、例えば、私自身     が、すごく相談したいなと思った方でして、そういうふうに閃きもありました     し、それと同時に、何か人間的な部分って言いますか、何か奥の深さみたいな     もので、何か、こう、いろいろ、知りたいなっていうような気持ちが・・はい。     
記者---プロポーズの言葉というのは
ナオ---その言葉と言うことよりも、愛を感じられると言うか、ほんとにハートの部分で     すよね。何時っていうことで言いますと、すばらしい方に出会えたことに、     すごく感謝してるんですけれども。
タカ---具体的なことはなかった。気が付きましたら・という表現は適確ではないんで     しょうが、昨年のうちにはそういうことになっていました。
記者---結婚についてのあせりというのは奈保子さんの中ではありましたか
ナオ---あせりって言うのはないんですが、だだ、子供が産まれたとか、すてきなパート     ナーを見つけていく後輩たちとか、ね、わ〜いいな〜とかいうのは、やっぱり     ずっと思ってましたし、私もほんとに親身になって自分自身を理解してくださる     パートナーに巡り会えたときに、結婚ていう、そういった結婚を望んでいました     し、それにホントにふさわしい方に出会えたことに、すごく今は幸せですし、     感謝してます。
記者---どんなデートをなさったんだすか
ナオ---正直言ってデートということも、表に二人で行ったことも実を言うことも     なくって、ほんとに、出会ってからお互いが、ちっと忙しくて、ロケがあった     り、私は京都のほうででずっと撮影が続いてましたので、ほんとに電話での     お話で。常に、なんか、どんなことでも話し合って、二人で、会話をたもって     いました。デートは家族と1、2度カラオケに行ったぐらい。
記者---1日に何回も電話をかけ合ったりするんですか
タカ---当初は、知り合いまして、ぼくはすぐロケに出たんですよ。それで、国内だった     んですけれど、電話でのやりとりがほとんどでした。長いときで、5時間くらい     夜中、しゃべったことがありました、ですから、1週間くらい会う期間がなかっ     たんで、あの、ずっと電話で、夜、夜中に、数時間・・平均、携帯で10万円ほ     どかかりました。
記者---今日のメークは金原さんですよね、されてる時ってどんな気分でした
ナオ---やっぱり、一番、安心して、落ちつける時間です
記者---河合さんのヘアスタイルというのは何かアドバイスなさいました
タカ---一応、今の所、ぼくがヘアカットさせていただいてます。とても顔がちっちゃい      方なので、こういう席なので、ご報告と、ご挨拶ということで、きっちりした      かたち・・・あとその・・・すいません
記者---カットで名ずけるとすると何カットでいいでしょう
タカ---”ナオコちゃんカット”でいいんじゃないでしょうか。
記者---なんて呼び合っているんですか
タカ---ぼくは奈保子ちゃんです
ナオ---私はたかやすさんなので、タカちゃんとか・・・
記者---入籍が間近とかって
ナオ---そうです
タカ---入籍をすることは近いうちに、いい日に
記者---金原さんご自身の手で、奈保子ちゃんの花嫁姿をお作りにないたいという     思いございません
タカ---それはもうもちろんです
記者---挙式・披露宴は
タカ---予定してないんです
記者---じゃ、地味婚ね、また
ナオ---地味婚・・
記者---だいたい婚約というとこの辺キラキラ光るものがあるんですが、何にも     されてない
タカ---すみません
記者---まだ貰ってないんわけですね
ナオタカ---はい、まだ
タカ---はい、まだお渡ししていませんし、まだ購入していません
記者---買うつもりもあるし、あげたいつもりもある
タカ---つもりはあります
記者---これから結婚した後も、河合さんはヘアメークも全部やってもらうわけすよね。     
ナオ---そうですね〜
記者---お金は河合さんがご主人に払うわけ、取れます
ナオ---そうですねー
タカ---あの〜、会社どうしというか、うちのマネージャー、しっかりしてますから、     それはも〜ビジネスは。一人のクリエーターとして応援できればいいと思って     ます。
記者---どんな結婚生活、どんな家庭をおくりたいですか
ナオ---そうですね、常に、幸せを感じられて、二人とも、偶然ですけど”保(たも     つ)”っていう字が名前にありまして、お互いに・・愛を保つ気持ちをね、     持っていて、温かい、温かい家庭を築いていきたいと思います。
記者---そろそろ子供のことも考えないとねぇ
ナオ---はい。二人とも子供が好きですし。でも、神様が導いて下さるとことだと     思いますので・・・
記者---もう一つのおめでたということは
ナオ---おめでた、赤ちゃんとかですか、ぜんっぜん、ハハ・・・
ナオ---金原さんという、すばらしいパートナーに支えられながら、よりいい仕事も     続けていきたいと思いますし、末永く見守って、また、今まで以上に応援して     いただけると、すごく・・うれしく思います。・・はい
タカ---末永く河合奈保子を・・・裏でサポートしますので、今後とももよろしく     お願いします・・・

LAST MODIFICATION 1996.3.11